›April 14, 2004

入院2日目

Category: ひとりごと・・・ / 0 Comments: Post / View / 0 TrackBack

手術当日だ。
手術は午後1時半からの予定だが、昨夜から一切の飲食を禁止されている。
麻酔をかけられた時にお漏らししないようにするためらしい。
朝起きてすぐに精神安定剤のようなものを飲まされ、その後は点滴を3本連続して受けさせられた。
その後手術着に着替えさせられ、歩いて手術室へ入った。
去年も来たことがあるが独特の雰囲気で緊張した。
心電図をとるための器具などを体につけられた後、横向きに体を丸くして寝かされ、背中に麻酔の注射を受けた。
下半身がぽかぽかと暖かくなっていった。これが麻酔が効いてきている証拠らしい。
次に仰向けに寝かせられ、酸素マスクをつけられた。前回の手術のときもそうだったが、酸素マスクをつけてからの記憶はまったく無い。マスクから催眠ガスのようなものが出てきているからだ。

「終わりましたよ!」という医師の声で目が覚めた。
手術は1時間もかからずに無事終わったそうだ。
そしてお土産に(?)足の中に入っていた7本のボルトとプレートをもらった。家宝にしよう。
病室に戻ってもまだ麻酔が残っているため足は動かないし、頭もボーっとしている状態だった。
夜の9時ごろからまだしびれた感じはあるが足も動き出した。
看護師さんから「トイレはこれで」と渡されていた尿瓶は絶対に使いたくなかったので、無理を言って車椅子でトイレに行った。

看護師さんに交渉しようと思っていたノートPCの件は交渉できる状態ではなかったのでまた明日にでも交渉してみよう。って言っても今日もこうやって使っているんだけどね・・・


Comments
コメントをお願いします












名前、アドレスを登録しますか?