›June 06, 2004

小6事件・救急隊 死亡判定に規程違反 到着時なお体温 消防局公表せず

Category: 気になった出来事 / 0 Comments: Post / View / 0 TrackBack
 長崎県佐世保市の大久保小学校で起きた小学六年女児(11)による同級生殺害事件で、現場に駆け付けた同市消防局中央消防署の救急隊員が、同局の救急業務規程で義務付けられた七項目の生体反応の喪失が確認できていないにもかかわらず、被害者の御手洗怜美(さとみ)さん(12)を病院へ搬送していなかったことが五日、分かった。同局は四日に幹部による署課長会議を開き、この問題を公表しないことを申し合わせていた。命をあずかる救急現場の隊員教育と、隠匿体質が厳しく問われそうだ。

 一般的に救急業務では、傷病者が明らかに死亡している場合か、医師が死亡していると診断した場合を除いては、直ちに搬送するのが原則とされている。

 佐世保市消防局の場合、救急業務規程で(1)自発呼吸の停止(2)意識の喪失(3)脈の喪失(4)瞳孔の散大(5)体温の喪失(6)死後硬直(7)チアノーゼ症状―の七項目の確認が義務付けられている。一項目でも生体反応があれば、仮死状態とみなして、搬送しなければならない規定になっている。

 関係者によると、今回の事件で、首などを切りつけられた女児は七項目のうち、少なくとも体温があり、唇や指先が紫色になるチアノーゼ症状が出ていなかった。本来なら「仮死状態」とみなして搬送しなければならなかった。しかし、現場に駆け付けた三人の隊員たちは呼吸の停止、瞳孔の散大、脈と意識の喪失が確認できたため、「死亡」と判断し、病院に搬送しなかった。結果として、女児は警察が現場到着するまで小学校内に置かれた状態が続いたという。

 三人はいずれも四十歳代のベテラン隊員。署内の事情聴取に対し、「(業務規程が)七項目あるとは知らなかった」などと説明。これまでも確認を怠っていたことを認めたという。

 女児を搬送しなかったことについて局内からも「規程違反」との指摘があり、市消防局は四日、幹部を集めた署課長会議で対応を協議。七項目の順守徹底を確認する一方で、今回の問題で事実関係を公表しないことを申し合わせたという。

 山口道徳・佐世保市消防局長は「何も言えない」としている。


↑この参照記事のURLは本日のみリンク可能な為、全文を掲載しています。

これって問題だよね。
もしかしたら助かってたかも・・・って言われたらどう返答するんだろうか?


Comments
コメントをお願いします












名前、アドレスを登録しますか?