›October 16, 2005

自動車用最新型キー:トラブル続発で採用中止 ホンダ

Category: 気になった出来事 / 0 Comments: Post / View / 0 TrackBack
 無線を使ったホンダの自動車用最新型キーで、誤作動のため利用者が外から車に入れなくなるなどのトラブルが続発したため、同社が9月からこのキーの採用を取りやめたことが分かった。人の手をまったく使わず施錠できる業界最先端のシステムだったが、それが逆にあだとなってしまった。

で、どんな事になるかというと、
携帯電話などの電波の影響で、キーを車内に置いたままでも、降車してドアを閉めると施錠されてしまうケースが続発。いったん施錠されると中から解錠することはできず、専門の業者を呼んで開けるまで、人が車内に閉じ込められる騒ぎまで起きた。従来型のキーも装備され、このキーを使えば開けられるが、カードキーの利用者は、従来型キーを携帯していないことが多く、出先で困りはててしまうという。

私の乗ってるBMWでも、ワイヤレスでロックをすると中からは開錠出来ない仕組みになっていると思う。
これは、ガラスを割られて車内に侵入されても中からはドアを開けれないようにするという防犯上の仕組みと記憶しています。
だけど、このホンダの場合は誤作動で勝手にロックされちゃうんだから問題ですね。
BMWのi-driveみたいにソフトウェアのバージョンアップで対応も出来ないようで、通常キーを一緒に携帯するしか対策はないみたい・・・
ホンダ車のオーナーの皆さん大変ですね。
BMWに乗り換えませんか?



Comments