›May 14, 2006

頼りになるぞ!!自衛隊!! − エアガンで「実戦」訓練

Category: 気になった出来事 / 3 Comments: Post / View / 0 TrackBack
 防衛庁の陸上幕僚監部は13日までに、全国の陸上自衛隊普通科(歩兵)部隊を対象に、普段の訓練で使用している自動小銃をモデルにしたエアガン600丁を配備した。弾が命中すると、塗料が付着して分かるように「ペイント弾」を使っており、同庁幹部は「よりリアルな環境で戦闘訓練するのが狙い」としている。
 エアガンは市販のものを改造し、1丁約8万円。3月末から、市街地や屋内での接近戦を想定した訓練で使用している。
 外見は本物の自動小銃とそっくりで、重量もほぼ同じ。電気駆動で空気を圧縮し、単発撃ちから連射まででき、射程は約25メートルとメートルという。
改造した市販のエアガンで実践訓練を積んだ、頼もしい自衛隊に守られて、今日も安心して暮らせます・・・って、税金返せ!!