›February 08, 2007

<ピロリ菌>人類感染は5万8000年前

Category: 気になった出来事 / 0 Comments: Post / View / 2 TrackBack
 胃かいようなどの原因とされるピロリ菌に人類が感染したのは、人類がアフリカにいた約5万8000年前とする研究成果を、日米欧などの合同チームがまとめた。
 ◇ピロリ菌…胃の中にいる細菌。胃や十二指腸のかいようを起こすことを豪州の研究者が解明し、05年のノーベル医学生理学賞を受賞した。先進国の中で日本は感染率が高く、国民の約半数が感染しているとされる。感染者は胃がんの発症率が5〜10倍高いとの研究がある一方、大部分は生涯症状が出ないという。

私も中学生の時から、胃潰瘍で苦しんでた。
だけど、4年前に検査でピロリ菌が発見されて、除菌をやった。
除菌って言っても一週間、薬を飲むだけだったんだけど、それでピロリ菌はいなくなった。
すると、胃潰瘍もすっかり完治。
そりゃぁノーベル賞ももらうはずだよ。