›March 10, 2009

初恋の人から手紙が届いた。。。

Category: ヘンな占い / 0 Comments: Post / View / 0 TrackBack

しんじ、ひさしぶり。

もうミニスカートを見ると「けしからん」と言うクセは治りましたか?毎日のように怒っていたしんじをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にしんじが「好きだけど別れなくてはいけないときもある」などときれいごとを並べてお別れすることになったあの日から、もう22年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、とくに用事があるわけではないんです。ただふと思い出して懐かしかったので、思いつくままに手紙に書こうと思いました。ふふ。驚いたかな?

今振り返って考えてみると、あのころの私ってしんじに迷惑かけてばかりでしたよね。でも、いつもツンツンしてる私にしんじは「おまえの純粋さは分かっているから」なんて言ってくれて、少し引いたけど、なんだか心温まったのを覚えています。当時クラスメイトと浮気していた私はフクザツな気持ちではあったけれど、そんな風に言ってくれる人はいなかったから。

そういえばしんじにとって初恋の相手が私だったんですよね?最初のころのしんじは、なんだかキスするときも勢いありすぎて、あのときは少し怖かったんですよ。慣れてくるとやけに自信をつけていましたね。「おれうまいだろ」って(笑)。

私たちが付き合い始めたころ、しんじは「こんな気持ちになることはもう一生ない。ずっと一緒にいてくれ」と言ってくれましたよね。「それはちょっと・・・」と思ったりもしましたが、嬉しかったです。そういう口だけなところもしんじらしかったですね。

しんじと付き合えて本当によかったなぁと思うところは、「恋愛をしないほうが楽なときもある」ということを学べたことです。しんじと別れた後、恋愛依存の私が「もうしばらくは恋はいいや」と思えたのは、とても大きいことです。ありがとう。

いろいろ書きましたが、私はしんじが大好きでした。これからもしんじらしさを大切に、そして当時のように猪木のモノマネをみんなに披露しながら(笑)、幸せをふりまいてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. しんじが貸してくれた秘孔の本(北斗の…)、もう売っていいですか?


続きを読む...

Comments
コメントをお願いします












名前、アドレスを登録しますか?